日本マクドナルド
フランチャイジー

お知らせ

2021年07月20日 7月20日(ハンバーガーの日) 本日50周年! 懐かしい!?新しい!?マクドナルド銀座1号店をセットで再現!日本マクドナルドが家族に贈る新テレビCM公開 宮崎美子さんが“50年前”と“現在”の2役を熱演!

舞台はマクドナルド銀座1号店。中学生の少女はこの日、目一杯のおしゃれをして1つ年上の彼とデートにきていました。席に座る少女は、手元でハンカチをにぎりしめ、緊張している様子。そこに彼が、バーガーセットを買って席にやってきます。彼が買ってきたのはビッグマック。少女はそれを見て、手をつけずにもじもじとしてしまいます。彼が「食べないんだ」と尋ねると、少女は照れたように小さくうなずきました。マクドナルドでのデートが終わると、彼は「じゃあ」と言って人混みの中に消えていき、その後ろ姿を少女は切なく見つめます。結局、少女と彼の恋はうまくはいきませんでした。

それから50年がたった2021年のマクドナルドで、女性は孫とビッグマックを食べながら、当時のデートの思い出話をして懐かしんでいました。孫が「ばぁばはさ、何で(ビッグマックを)食べなかったの?」と尋ねると、女性は「だって恥ずかしいじゃない!好きな人の前でこんなでっかいの!」と答えました。孫は「ふーん‥‥。じゃあさ、じぃじの前では?」と尋ねると、ばぁばは「ぜんっぜん平気!何でだろ?」と笑います。孫は“ばぁばにもそんな時代があったんだな‥‥”と思い、美味しそうにビッグマックを頬張るばぁばを見て、“もう少しビッグマックが小さかったら、僕は今ここにいなかったわけだ”と感慨にひたっていました。その時、コンコン!と窓を叩く音が。窓の外を振り向くと、じぃじと妹が笑顔でこちらに手を振っていました。ばぁばは「しーっ!」と孫と2人だけの秘密にし、やってきたじぃじ達と4人で楽しくハンバーガーを頬張るのでした。